スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
祝☆
8はちさんが最終合格されました!

初めて8はちさんのブログに遭遇し、すごい人がいるなぁと衝撃を受けたことが鮮明に思い出される。8はちさんのブログに触発されて、私はブログを始めたのだった。。
スポンサーサイト
【2008/11/14 00:28 】
| 法律系: | コメント(0) | トラックバック(0) |
知財特講 第11回
「特許をめぐる知的財産の裁判」

講師の先生は、横国・工学部出身の知財高裁の判事さんだった。

生徒11名という状況の中、2回も意識のない空白の時間が‥(汗)

知財は通信教育で履修しなかったので、基本的な知識もない。

講義のなかで、「均等」の問題のところが今一つ釈然とせず‥
裁判官の裁量で拡張解釈OKってこと??
【2005/12/03 00:15 】
| 法律系: | コメント(4) | トラックバック(0) |
知財特講 第10回
「ケーススタディ:積極的な権利行使の事例」

今日の講師の先生はローの教授だった。このローも一応候補の一つ。
下位ローだが、学費の安さ、無利子の奨学金があること、車で通学できること、などメリットも多い。
このローに進学出来たとすると、知財と英米法は今日の教授に教わることになる。弁理士資格を持っていて、米国で長く仕事をされていたようだ。

そして、いよいよ来週の講師の先生は知財高裁の判事の方。
これを聞きたくて、この講座を申し込んでいるので、月初めで厳しいんだけど、万難を排し、駆けつけようと思う。

ところで、今日、早くもSuccessの1月号が郵送されてきた。
本試験の解答・解説が掲載されているので、週末に敗因分析してみる予定。もっとも、勉強量の少なさが一番の敗因だってことはわかってはいるけど。

あと、デバイスの会社法が出たらしい。ネネから買って帰るねってメールあったので、見るのが楽しみ♪
【2005/11/25 22:06 】
| 法律系: | コメント(2) | トラックバック(0) |
知財・第1回
特別講義 知的財産 

第1回「産学連携における知財活用と実践的MOT」 担当:工学部教授

MOT(Management of Technology 技術経営)とは
・米国においては、製造業復活のために「技術投資を最大効率化するためのもの」
・日本はMOTを産学官一体の取組としてアレンジしている。
・産学または学独自にMOTの認識とそれに基づく戦略的技術者へのスキルアップが必要→MOT教育=実践的MOT
・利益を生む技術、を守る知財権(特許)

特許の意味・目的‥以下略

一番驚いたのは、特許出す時に手のうち全部見せるんじゃなくて、少し伏せた状態で出願するのがよいとのこと。他社に追いつかれるのをできるだけ遅くするためだそう。

おもしろい講義だったが、なぜか15分ほど意識の空白が‥(汗)

生徒は、工学部の院生11名+社会人2名(私含む)だけ。
ちょっと、もったいない気もする~

授業中に考えたこと‥大学等技術移転促進法(TLO法・1998)、産業活力再生特別措置法(日本版バイドール法・1998)って行書にでないかなぁ
【2005/09/16 23:11 】
| 法律系: | コメント(0) | トラックバック(0) |
大学の講義
9月中旬から、週1回1コマだけ、大学の特別講義を取ることにした。
知財である。

第1志望にしようかと思い始めているローが知財をメインに据えている為、志望動機根拠付けの足しになるといいのだが‥

15回の講義で1万円と安い♪ことと、先生が毎回変わり1回完結なところが気に入った。

講義を受けるのは、昨年の夏以来で、久しぶり。
いい気分転換になると思う。

昨日の勉強:1時間
前々日:3時間
【2005/08/26 22:11 】
| 法律系: | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。