スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
スケジュール
講座のスケジュールは、

6/11 法律学入門+行政法?

6/18 行政法?+行政法?

6/25 行政法?+行政法?

7/2  行政法?+行政法?

7/9  行政法?+行政法?

7/16 行政法?+民法?

7/23 民法?+民法?

7/30 民法?+民法?

8/6  民法?+民法?

8/13 民法?+民法?

8/20 民法?+憲法?

8/27 憲法?+憲法?

9/3  商法?+商法?

9/10 一般知識?+一般知識?

毎週、水曜日のライブ講義(3H)と土曜日の質問時間(0.5H)+ライブ講義(3H)を日曜日にビデオ講義として受講する。

これに、

10/15 全国模試第1回

10/29 全国模試第2回が付いている。

インプットは、講義中に完了して、自宅ではアウトプットに専念する予定だ。

まず、行政法の判例をどこまでやればいいのかが知りたい。

行政法を勉強するには、憲・民(&民訴)の基礎知識があったほうが良いと思うのだが、行政法を一番に据えている点、どういう授業展開になるのか楽しみである。



スポンサーサイト
【2006/05/31 18:24 】
| 行書(H18) | コメント(4) | トラックバック(0) |
予備校価格の主観的評価
ずっと、予備校って高すぎると思って、独学で来たけれど、
今回、勉強環境を変えたくて、予備校の行政書士講座を利用することにした。

以下、予備校のお値段につき、私個人レベルで、検討してみる。

私の選んだ講座は、Wの「酒井合格塾」99,000円

しかし、この講座には「新30歳以上応援システム」の適用がある。
上記の要件は「30歳以上であること」 完全に該当しますね(笑)
申し込む時にその旨、告げて年齢の証明できるもの(免許証等)を提示すると、通学科は25%割引になる。
よって、99,000円→74,250円

ここから、セットになっている「全国統一公開模試」2回分9,000円を引くと74,250円-9,000円=65,250円

これに、交通費往復960円×14回分=13,440円を足すと

必要経費として 65,250円+13,440円=78,690円

1回分の受講料 78,690円÷14=約5,620円(小数第1位以下切捨て)

1回の授業は6時間なので、1時間当たりの受講料は約936円となる。

正直なところ、そう高いとは、言えないんじゃないかな?

反面、78,690円の重圧が、肩に食い込みそうでもある。
(こんなに投資して、また落ちたらどーしよー)

しかし、それをも、勉強の強制の契機に変えて、行ってみたいと思う。

1日6時間のビデオ授業はキツイだろう。
前日の土曜日は夜更かししないよう留意して、日曜日の勉強はこれのみにする。
なんせ、10分ボケっとしてたら、156円の損失ですよ~^^
気合ですね~☆

酒井合格塾を通学あるいは通信で受講される方がいらしたら、書き込み頂けるとうれしいデス。。

行政書士試験合格を目指す皆さん、頑張りましょう!
【2006/05/28 21:40 】
| 行書(H18) | コメント(10) | トラックバック(0) |
刑法
各論点の簡単な論証パターンを作ることにした。

問題提起→自説→理由→帰結(必要があれば、判例、他説、批判も入れて)程度のもの。

いわゆる「自説を固める」あるいは「論文の勉強を短答の勉強につなげる」ってのをやってみることにしよう。

(つっか、しばらく択一刑法の過去問見たくないのよね‥)

また、新司法試験の問題傾向にも注目したいと思う。
もし、短答刑法が平成7年度以前(あるいは昭和)まで回帰し、民訴の1行問題もでないとしたら、魅力的な話だから♪
【2006/05/25 23:46 】
| 法律系:司法試験 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ゼロからの出発
今日、ようやく放置されていた択一関連を片付けて、行政書士六法(東京法令出版)、行書過去問(ウォーク問)を出した。

去年した勉強は、2ヶ月間で過去問とレックの市販模試だけなのだが、一応間違えた問題の肢の解説は行政書士六法に全て書き込んであるので、会社法も「旧」なようだし、今年もこの六法を使うことにする。

昨年は、試験会場にこの六法だけを持って行った。
今年も引き続きこの六法に一元化して、試験会場には六法と教養科目のまとめたもの何か1冊を持っていこう。

現在、予備校の講座を検討中。
希望は必要最低限のインプット講座。
ギリギリ6割取れる知識を確実にインプットしたいからだ。

もう1度、ゼロからスタートする覚悟でやろうと思う。
【2006/05/25 00:42 】
| 行書(H18) | コメント(2) | トラックバック(0) |
輪投げの論理
ある教室で、先生が生徒を3人集めて、各々に10本の輪投げを渡して、10メートル先のポールに入れなさいと言った。

生徒たちは、「あんな遠くに入るわけないやん」などとブツブツ言いながら、1人10回輪投げをするが、だれも入れることができない。

そこで、先生はポールを1メートル先に引き寄せて、「これなら、どう?」と生徒たちを促す。
1メートル先は体を伸ばせば届く距離。
3人は「こんなん簡単やん」と言いながら、10本とも入れた。

「それじゃ、ここならどう?」今度はポールを3メートル先に置く。

生徒たちは、10本のうち、最初は2~3本外すが、繰り返すうち、3人とも、10本全てを入れられるようになる。

その後、先生はポールを5メートル先に置き、同じことをするように言う。

だんだん、3人とも真剣に投げるようになっていき、5メートル先も10本クリア。

次は、6メートル先、7メートル先‥そして最後に10メートル先にポールを設置する。

9メートル先のポールに輪投げを10本入れることができた生徒たちは、10メートル先のポールにも入ると信じて、輪を投げる。

そして、10メートル先に向かって投げた輪は、みごとにポールに入ったのだった。。

この実験に立ち会ったわけではないのだが、説得力のある話だと思う。
最初に10メートル先のポールに輪を投げた時と、最後に投げた時の心の持ち方の違いが、結果に反映されたと言えるだろう。

さて、我が身を振り返ってみると、
今回の短答に限って言えば、正直なところ、私は受かると思って受けていなかった。

だから、この実験をこれから自分でためそうと思う。

まずは、11月の行政書士試験、受かると思って受けに行く。
【2006/05/22 22:53 】
| 行書(H18) | コメント(8) | トラックバック(0) |
そろそろ‥
ブログ徘徊してたら、憲20・民20・刑7という方を発見!(すげ~)憲20って可能なのか??

やめる気がないんなら、そろそろ復活しないとな‥

【2006/05/22 02:46 】
| 法律系:司法試験 | コメント(6) | トラックバック(0) |
現実
町会費の集金もようやくあと1軒を残すのみ(疲れた~)

いつまでも、「逃避生活」送っていてもしょうがないし、勇気を出して、自己採点した。

結果は、恐れていた予想をはるかに超えてた。
1年を通して短答刑法克服の為に努力し、直前期はほとんど刑法の過去問に費やし、本試験の3時間半のうち最初の2時間を刑法に使ったというのに、またしてもヒトケタ‥
感触としては11~12くらいだったんだけど(泣)

このヒトケタは去年のヒトケタとは深刻さが全く違う。
現時点では、どうしたらいいのか、さっぱりわからない。

しばらく、よく考えたい。

ひとつだけ、今の私にもはっきりわかることは、私の資質と能力で、週20時間程度の勉強では「旧」の短答合格は無理ということだ。
出来る範囲で勉強するという姿勢では、合格の可能性はないんじゃないかと思う。
しかし、それが現実なら、きちんと認識した上で、今後のことを決めたい。
これから、どうすればいいのか、自分はどうしたいかを。
【2006/05/20 01:55 】
| 法律系:司法試験 | コメント(5) | トラックバック(0) |
ハリポタ発売日
今日、ネネが予約してあるハリポタを買ってくることになっている。

チビ「ネネ、早く帰ってこないかな~」

しかし、ネネが帰ってくるのは、12時頃。
そして、チビのハリポタ読む順位は3番目。

ダンナ「出資者はお父さんなんだから、当然1番に読む権利がある」

ネネ「私が大学の生協で買ってるから1割引で買えるんだし、買ってくる手間を考えると、2番目は私でしょ。それに、チビはテスト中じゃん。単元テストが全部終わるまでは読めないでしょ!」

チビ「う~」

(かわいそうなチビ‥)

チビからずぅ~と「お母さんもハリポタ読みなよ」って言われ続けていて「短答合格できたらね」って言っていたのだけど、「行政書士試験合格したら」に変更した。

法律の勉強始めてから、テレビ、映画(レンタルビデオ含む)、法律書以外の本を断ってきたが、勉強に支障のない範囲で法律書以外の本を読んでもよいことにする。
くれぐれも、勉強に支障のない範囲でってことで。
【2006/05/17 22:09 】
| 日々雑感(~2007) | コメント(0) | トラックバック(0) |
母の日
そう言えば、日曜日は母の日でしたね~

チビからは、10日ほど前に、100均で買ったカワイイ携帯のストラップをもらった。
毎年、チビは彼女なりにいろいろ考えて、なんか作ってくれたり、お手紙くれたりするのだ。

2年前は綺麗なラッピングを開けると、部屋の隅で埃まみれ状態で放置されていたケースがキレイに拭かれて、引き出しの中にはレースの下敷きがあった。
これを見た瞬間に私が思ったこと→「もう、チビは!中間テスト前なのに!」
ケースにはお手紙が付いていて「お母さん、いつも家事してくれて、ありがとう! ちなみに、このケースは勉強時間を削ってつくったのではありません。あしからず。チビより」って書いてあった(笑)

で、ネネは、と言うと‥

母の日が近くなると、決まって「お母さん、今、何か読みたい本ある?」って私に聞いてくる。
そして、私が答えた本を図書館で借りて来てくれるのだった。。

我家の子どもたちは、二人ともダンナに似て、ケッケッ‥倹約家なのであります~☆

で、今回、私がネネにリクエストした本は、「行政法入門」藤田宙靖(有斐閣)
この本をサラッと読んで、行政書士試験への勉強の助走としよう。
【2006/05/16 23:34 】
| 日々雑感(~2007) | コメント(4) | トラックバック(0) |
1周年☆
昨年の短答直後から、ブログを始めたので、ちょうど1年が過ぎたことになる。
1年前の日記を少し読んでみて、あんまり進歩してないような気もするが(汗)、ブログを書く事はモチベーション維持にも随分役立ったと思うし、何より、書く事自体が楽しかったので、これからも続けていきたいと思う。

そういえば、昔は、短大の頃までは、ほとんど毎日、日記を書いていたんだった。
やめてしまった原因は、ダンナにある。

当時、彼は、私のアパートに遊びに来ていて、私が買い物に出ている少しの間、留守番していたのだが、私が帰ってきてドアを開けると、私のベッドに腰掛けて、私の日記を読んでいるダンナの姿が!!!

逆上した私は、靴を脱ぐなり、ダンナに飛び掛かり、ベッドに押し倒して首絞めちった。。
   
未必の故意あり、実行の着手ありで、殺人未遂罪の構成要件に該当する。 あ”~もう時効にかかってますね(笑)

誰しも、絶対に他人に入られたくないコア(核)な部分があるだろう。
それまで、私は自分の日記が人に読まれる可能性があるなんて、思ってもみなかったのである。
即刻、それまでの日記は全て処分。

ダンナは「日記とは、思わなかった。詩みたいだったし~」とかなんとか、言い訳してたが‥しかし、私がブログ始めたんだよって言った時にどーしてオレは読んじゃいけないのって言ったことから察するに、どうやら彼は私に首を絞められたことなど忘れてしまっているらしい‥人に深いキズを負わせといて許せんヤツだ。

んっじゃ、どーして、そんな人の日記、勝手に見るような男とケッコンしたのさ?って問われると、う~ん、これはもう、両手を広げて、“That's a good question !"とでも、答えるしかない。

(世界七不思議のひとつにカウントしてくれ~)

思うに、彼には、私を安心させる「何か」がある。
もしそれが、私の嫌う小市民的な部分だとしたら、全く矛盾だ。


【2006/05/16 01:22 】
| 日々雑感(~2007) | コメント(2) | トラックバック(0) |
択一過去問
昨日、1年ぶりに平成15年度の過去問解いて、結果に落ち込んでいたが、なんとか一晩で浮上した。

刑法(1:50)12/20(捨て問3)
憲法(45)  10/20(捨て問5)
民法(45)  10/20(捨て問4) 計32/60

どう考えても45分で、憲・民の20問全問解くのはムリ~(泣)
でも、刑法には2時間ほしいぃぃ~というジレンマに今更ながら陥ってマス。。
それにしても、民法の知識が曖昧になっていて愕然とした。
しかし、今年の課題は刑法の克服だし、せめて最初の2時間気持ちよく問題解けるように、試験日まで刑法中心でやっていこう。
もう、開き直ってますね(苦笑)

次回、更新は短答後に☆
【2006/05/01 15:27 】
| 法律系:司法試験 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。