スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ようやく1通
5/1~15の間に提出しなければならないレポート7通
予定では3月中に4、4月中に3の計画だったが、体調不良と忙しさを理由に放置してしまった~
やっと、着手。ようやく1通完成。まだあと6通残ってる(泣)

「社会理論と社会システム」(1,400~1,600字の記述)

(1)自殺と社会との関係
(2)責任をどのように考えるか
(3)クライエントに対する対応

の中から1つということで、(2)を選んだ。

課題(2)〔責任をどのように考えるか〕
罪を犯した者に対して精神鑑定が行われた場合、その結果、心神喪失ということであれば、刑法39条が適用され、罪に問われない。また、知的障害の場合は、医療観察法の管理も行われない可能性がある。この刑法39条を廃止すべき(責任を取りたくても取れない、罪を犯したことに変わりない等)という意見があるがあなたはどう思うか。その理由とどのように対応すればよいかを書いて下さい。

責任を取りたくても取れない、罪を犯したことに変わりない、と言われても、責任の段階で阻却されてんだから犯罪不成立、後は民事でやってくれ~と言いたいけど、これは、社会福祉士のレポートだから‥
あんまりバッサリ書くと1,400字越えられないんで、迷いを見せて(苦笑)
今回は大塚先生に拠って書いてみた♪


スポンサーサイト
【2010/03/29 00:32 】
| 社会福祉士 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。