スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
無題
先週の金曜日いつものようにダンナが酔っ払ってご帰還。

勉強している私に対し、
ダンナ「お! 頑張ってますね~」(絡まれそうなイヤな予感)
 しん「お帰り。皆、もうお風呂入ったよ。早く入れば。」
振り向かずに言う。

ダンナ「いつまで、勉強やんの?」
 しん「あと2時間くらい。眠くなったら寝るけど」
ダンナ「そうじゃなくて~」
 しん「ああ? 合格するか、死ぬまで。司法って合格するか、やめるかの試験って言われてる」
ダンナ「ふ~ん」
 しん「でも、ヘソクリ500万達成したらロースクール行くから」
ダンナ「ロースクールねぇ。行ったとしてもそのあと、受かんないと思うけど~ まぁ、でも、もし、万が一、合格したらどーすんの?」
 しん「地方に行くよ。都会じゃ、就職ないと思うし」
ダンナ「で、俺はどうすりゃいいわけ?」
 しん「どーとでもして。着いて来たきゃ着いてくればいいし、たまに会うだけでよきゃ、それでもいいし」
ダンナ「へぇ~」(このあたりで切れそうになる)
 しん「どーでもいいから、人の勉強のじゃましてないで、サッサとお風呂行きなさい!!!」
ダンナ「しーちゃん、冷たい‥」

酔っ払いに対し、こんなに誠意ある対応している私を冷たいだと~
この後、かなりテンション高く勉強できたことは言うまでもない。
だが、こういう時には自分の勉強部屋がほしい!と切に思うのだった。。

スポンサーサイト
【2006/01/23 22:14 】
| 日々雑感(~2006) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<後期試験 | ホーム | 行書結果>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blogshin.blog10.fc2.com/tb.php/176-a128b830
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。