スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
新合格答練会の問題
日曜日に問題もらったので、行政法の習ったところやってみた。

〈結果〉

行政法総論 14/24

行政手続法  8/12

国家賠償法  6/6

はぁ~習ったばっかりの行手は言うに及ばず、総論が全然わかんね~
インプット完璧なんて、誰が言ったんだろ?
習ってなくて行政法の中では唯一自信アリの国賠しか点が取れん‥って、これじゃ進歩ないじゃん。。

とにかく、どんな問題が出ようと行政法は常に8割を取れるレベルまで
1ヶ月で仕上げる!

「行政法を征する者、行政書士試験を制す」

一番、出題数多いんだから、やったもん勝ちだよね♪

スポンサーサイト
【2006/06/27 02:14 】
| 行書(H18) | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<無題 | ホーム | 無題>>
コメント
しんさん、おはようございます。
頑張っていますね!
先日は、コメントをいただき、ありがとうございました。

私も、択一受験回数は相当なものです。数えてみたら、5回でした。本人は、受験回数のことはすっかり忘れて、ただひたすら、点数を上げることに、まい進しております。

行政法は、いずれ私もやらなければなりません。
旧司法試験の経過期間が過ぎたら、予備試験→新司法試験をねらいます。
はぁ~。先は長いですが、頑張りましょうね。
【2006/06/29 08:16】
| URL | きっこ #-[ 編集] |
きっこさん、こんにちは☆

こちらこそ、コメントありがとうございます!

きっこさんは、択一受験暦5回なんですね。
もしかすると、同じくらいの時期に勉強開始したのかもしれませんね^^
合格に向けて、点数を上げることに邁進できるってすばらしいですね!
私も勉強始めて3年ぐらいは、あきらめなければ、必ず合格できるって気持ちに全く曇りなくガムシャラに勉強していました。
しかし、ここ1~2年気持ちがグラツイテいて周期的に無気力感に襲われるし、あまり良い精神状態とは言えない状況に陥っていました。
そこで、もし、法曹の道がダメだったとしても、最終的に今まで勉強してきた法律を活かした仕事をすることができる選択肢を確保しておこうと考えるようになりました。
勿論、最終目標である司法試験をあきらめたわけではありませんが、かなり遠回りになることも覚悟の上で他の法律資格にもチャレンジしていくことにしました。

きっこさんは、旧司法試験後は、予備試験ルートで行くことに決めているんですね!
お互い、頑張りましょうね。

勉強続ける限り、このブログも続ける予定ですので、末永く(?)お付き合いくださいませ^^
先は長いですが(笑)、司法試験は「受かるか、止めるか」の試験ですから、粘っていきましょう!
【2006/06/29 19:43】
| URL | しん #-[ 編集] |
しんさん、コメントありがとうございます!

私は、2001年秋から勉強を始めました。しんさんは中央大の通信を受けられたのですね。すごいです。
私は予備校ルートですが、仕事を抱えながらの勉強で、学校に通うだけで精一杯、家での復習はほとんどできなかったです。

確かにここのところ、勉強がつらくなってきていますね。息切れ状態。
私は、夫が転勤族で4年ごとに住むところが変わります。今のところは、昨年9月から住んでいます。ここにきて、初めて仕事を探す気力がなくなりました。年齢的に難しくなってきています。

そこで、いっちょ、山にでもこもったつもりで勉強してやろうと思い、今年の択一までは私なりに必死で勉強してみました。そうしたら、やっぱり、点数は上がるんですね。

でも、合格にはまだまだ点数が足りないし、論文試験の勉強はほとんど進んでいないし、最終合格までの道のりを思うと、気が遠くなります。

しんさんのように、司法試験を狙いながら、別の道も考えつつ、というのが私にとっても理想です。
ただ、残念ながら、多分私にはちょっとつらいです。このまま少しずつ司法試験への道を進んでいくしかなさそうです。手に入れられるのが、ゼロか10か、ということになるんですけどね。

でも、おっしゃるように、「受かるか、やめるか」のどちらかだから、「やめなければ、受かるかな?」なんて、楽観的に考えています。
無謀な道に入り込みましたが、チャレンジしないままだったら、もっと後悔したでしょう。

これからも、よろしくね。粘っていきましょう。
【2006/06/30 09:12】
| URL | きっこ #-[ 編集] |
きっこさん、こんばんは☆

きっこさんは、2001年の秋から勉強始められたんですね!
私は、2002年の春からです^^
それまでの1年間は司法試験1次試験のため、英語をやっておりました。そして、帰省した時に実家でたまたま大平光代さんの本を読み、通信教育でも、1次免除が得られることを知り、通信に編入した次第です。

うちも、転勤族でして、やはり3~4年に1度、転勤があります。国内ですけど。
なので、子どもたちは、幼稚園時代、小学校時代、各々1回づつ、転園・転校を経験しています。
新しい土地で一から、生活基盤を作っていくのは大変ですよね‥
私も3年以上同じ仕事(パートですけど)をしたことがありません。ほんと、どんどん年齢的に厳しくなっていきますよね~先日、試しに行政書士事務所の求人に履歴送ってみましたが、書類審査で落ちました(><;
合格が先になればなるほど、いきなり開業するしか道はないかという思いです。

きっこさんは、司法の勉強に対する手応えを感じながら、勉強されているんですね。少しづつでも、前進していると自分で実感しながら、勉強できるって、すばらしいことです!
私は今回の短答試験での民法の易化、刑法の作業量の多さからかなり悲観的になってしまっています。
来年の問題がどうなるかはわかりませんが‥

そうは言っても、この「無謀な道」にチャレンジしていることを決して後悔してはおりません^^

今年の短答合格者の最高齢は76才とのことですから、まだまだ、努力する時間は残されていますよね♪

自分の中のあらゆる可能性を探っていきたいと思います。 お互い、頑張りましょう!
では、では、また☆
【2006/06/30 21:18】
| URL | しん #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blogshin.blog10.fc2.com/tb.php/238-c022770e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。