スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
マンション管理士過去問題集
TACの20年度版を使用。

過去7年分350問-35問(適正化法)=315問

民法 22/26

知識の抜けが激しい(泣)
解説見ても、条文引かないと安心出来ない状態。
久しぶりの民法だから、しょうがないか。

H16-15はもう出ないね。
改正前の395条は実務的にも問題の多い条文だったけど、
当時、この条文の論点だけで論文書いてる先生もいたようで、
あの教授どうするんだろう‥ってうわさも聞いたような気が。
法改正に受験生は毎回翻弄されるけど、先生方にとっても、
気の毒な結果になる場合もあるんだろうね。

今年の2月末にネット上に民法大改正の情報を発見して
瑕疵担保責任が債務不履行責任説とか、特定物ドグマがなくなるとか、
結果債務の帰責事由云々とか、本当かい??って半信半疑だったが、
かなりの大改正が数年以内に現実化する模様。
私が行政書士に復帰する頃にぶち当たるじゃあるまいな?
民法入れ直しなんて、勘弁してくれ~

ネネに泣き言いったら、
「その前に受かるしかないだろ」って冷たくあしらわれ、
やはり今年受けるべきかという気もしてきた。
吹っ切れたと思ってたんだが、なかなかねぇ‥(溜息)
スポンサーサイト
【2009/04/27 00:38 】
| マン管(H21) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<GW | ホーム | 個人情報保護士 結果>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blogshin.blog10.fc2.com/tb.php/438-285274c2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。