スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
知財・第1回
特別講義 知的財産 

第1回「産学連携における知財活用と実践的MOT」 担当:工学部教授

MOT(Management of Technology 技術経営)とは
・米国においては、製造業復活のために「技術投資を最大効率化するためのもの」
・日本はMOTを産学官一体の取組としてアレンジしている。
・産学または学独自にMOTの認識とそれに基づく戦略的技術者へのスキルアップが必要→MOT教育=実践的MOT
・利益を生む技術、を守る知財権(特許)

特許の意味・目的‥以下略

一番驚いたのは、特許出す時に手のうち全部見せるんじゃなくて、少し伏せた状態で出願するのがよいとのこと。他社に追いつかれるのをできるだけ遅くするためだそう。

おもしろい講義だったが、なぜか15分ほど意識の空白が‥(汗)

生徒は、工学部の院生11名+社会人2名(私含む)だけ。
ちょっと、もったいない気もする~

授業中に考えたこと‥大学等技術移転促進法(TLO法・1998)、産業活力再生特別措置法(日本版バイドール法・1998)って行書にでないかなぁ
スポンサーサイト
【2005/09/16 23:11 】
| 法律系: | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<転勤 | ホーム | 行書過去問教養編・終了>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blogshin.blog10.fc2.com/tb.php/99-ae178bce
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。